自給自足ECO〜通い型田舎暮らしを楽しむプロジェクト

今、とても楽しいプロジェクトが立ち上がっているんですよ!
その名も“通い型田舎暮らし”
東京から電車で約70分。神奈川県大磯町で行われている「大磯農園」
海と山に囲まれた、自然がたくさんある人口約3万人の小さなまちです。

よく、農業体験は耳にしますよね。
皆で集合して、半日体験。自然を味わって、都心から離れて
農業のお手伝いをするという企画。
前にも何度か紹介しましたよね。

でも、この「大磯農園」は一味も二味もちがうんです。
畑仕事を開墾から行ったり、お酒や味噌、猪の生ハム
といった食べ物を自給したり、地元の人たちとのコミュニケーションを
楽しんだり。昔ながらの田舎暮らしを、“通い型”で普段は都心の生活をしなが、田舎に通うというシステムなんです。

普段は、東京都内に住んで、OLをしている。
でも、田舎の空気も味わいたい。
「大磯農園」では、そのどちらも実現できるようにサポートしてくれます。

「都会か田舎か」どっちかを選ぶのではなく
「都会も田舎も」もどっちもある暮らしを。
まるで故郷がひとつ増えたような感覚で、農家をもっと身近に感じられる
プロジェクトなんです。

私は、東京から新潟の田舎に引っ越して2年たちます。
OLをしながら、毎晩友達と都心で遊ぶ毎日から
周りは畑が広がる田舎町へ引越してきました。
実際に、畑をしながらヨガをする毎日に変わっていって思ったのですが
田舎のよさは実際、手で触って肌で感じないとわからないなということ。
取れたての野菜の美味しさとか、田んぼの美しさ。夕日のダイナミックさ。
こういうのは、半日体験では全部は味わえないですよね。

だから、こんな風に、都会にいながらも田舎暮らしにもコミットして
関わるって素敵だなって思うんです。
逆に、田舎暮らしだけにどっぷりといる必要もない。
たまに都会に出れば、刺激をもらって生きる活力にもつながります。
お金を稼ぐこともできます。
そして、田舎に戻ったときに、また改めて感じる、ほっ自分に戻ってくる感じ。
どっちもあるこそ、バランスがとれる。
「都会と田舎、両方あったらいいな」。
それが実現するのが、“通い田舎”なんですね。

環境を考える歳になったか、、、

最近では2月にフランスが、規模の大きなスーパーマーケットを対象に、まだ食べられるはずの食品の廃棄を禁止し、
余剰食品を慈善団体へ寄付することを義務づける法律を制定したんだそうです!
すごいですよね。国で義務づけるなんてスケールがでかい! たしかに、まだまだ食べられるはずの食品は
もう、調理できない場合は捨てる以外に選択肢がなかったものが、寄付することが義務付けられることによって
あたりまえに、私たちの選択肢のなかに入ってきますよね。

なんと!!!
2017年の2月11日までに、対象となるスーパーは慈善団体と契約を結ぶよう求められており、
もし従わなかった場合は罰金が科せられるんだそうです!罰金・・・・・ すごいですね。

このように世界各地で食品廃棄に向けた取り組みが活発化する中、イギリス最大のスーパーマーケットチェーン「Tesco」は、
余った食品を全て地域の慈善団体に寄付するプログラム「Community Food Connection」を始めると発表しました。
「Tesco」は昨年だけで約6万トンの食糧を廃棄し、その半分以上、約7000万食分に相当する食品がまだ食べられるものだったそう。
とはいえ、ただ単に余った食品をそれぞれの慈善団体に均等に分配したとしても、結局慈善団体でも余ってしまう可能性があるのでは?
そんな疑問がわいたんだそうです。

でも、「Tesco」が考えついたアイディアは・・・・
より効率的に、それぞれの団体が本当に求めている食品を届けられるしくみでした。
どんなアイディアかというと・・・
イギリスで食糧支援を行っている団体「FareShare」と、アイルランドの社会的企業「FoodCloud」と手を組み
「FareShare FoodCloud」というアプリを開発したんだそうです。

そのしくみはいたってシンプル。「Tesco」の各店舗がその日に余った食品をアプリへ入力すると、
登録している慈善団体には近くの支店から、余っている食品のリストが届きます。
慈善団体は、そこからほしいものだけを選んで受け取ることができるのです。
そして慈善団体はそれを食事として、食べるものを必要とする人たちに提供するのだそう。

すごい、、、なんて無駄がないんでしょう。
要は、余ったものをほしい団体がアプリを通じて確認して、ほしいものを選択できるというシステムなんですね。
これなら、いっぺんに贈られた食材が、ニーズに合わずに結局、捨てられてしまったなんてことにならないんです。

最近は、環境問題のことを頭に思い浮かべることも少なくありません。

最近狙っているのは、オゾン脱臭機能付きのゴミ箱とお肌の健康のためにオゾン水を作れる機械ですw
本当にニオイがしないらしいです。
生ごみとか結構嫌なにおいがしてあのにおいがとても苦手な私なのです…

オゾン水については、最近いろんなところで見かけます。
水素水が嘘っぱちということで、次の水は「オゾン水」なのかしら…
私が狙っているオゾン水の機械はこちらです。

好きなものを好きな分だけ食べられる回転寿司は最高♪

この前、回転寿司に行ってきました。
回転寿司は手軽に食べられるのでいいですよね。
大好きなんですよね。

家の近くにないので、時々しか行けませんが
行ったら結構食べますね。

サーモン、まぐろ、ネギトロ、サバなどなど。
うどんやラーメンもありますが、やっぱりお寿司で
お腹いっぱいにしたいですよね。

シーズンメニューでいろいろ出るので、それも楽しみです。
行くたびに代わっているので、毎回楽しみなんですよね。
回転すしでパートをしていた友達が言っていましたが、
回転寿司屋さんのキッチンは大変なんだってね。

オーダーのものを作って、流す寿司も作らないといけない。
すごく忙しいって、平日でも。どこも飲食店は大変です。
もちろん飲食店に限らないでね。

回転寿司だと最高20皿食べれます。
これって多い?少ない?私の行くお寿司屋さんは1皿100円なので、
安いですよね。

以前海外に行った時には無性に寿司が食べたくなりました。
でも入った店にあったのはカリフォルニアロール。
それはそれでおいしったのですが、なんか普通の寿司が食べたかったな。
日本に帰国してすぐに回転寿司に行きました。

お寿司は日本人にとってなくてはならない存在です。
また回転寿司に行くぞー。

祝日に考える私の洋服事情

楽な服装をすること増えました。
流行に流されないで、来年も着ることができるような服を選んでいます。
1年間きなかった服は処分するようにしています。

そうしないとクローゼットが凄いことになってしまうかな。
服の色もいつも定番の物を選んでいます。
グレイ、黒、紺、白は合わせやすいのでいいですね。

1つだけジャケットがあるときちっとできるので助かります。
好きなブランドは特にありませんが、ユニクロや無印は何にでも
合わせることができて助かります。

気に入った服が古くなってもまた同じのを買うこともできるしね。
靴下や下着もユニクロで買うことが多いです。
なにかと便利なユニクロにはいつもお世話になっています。

お気に入り商品はというと夏はリラコで冬はネルパン。
どちらも安いのに優秀!まだ持っていない方がいたら是非おすすめです。
時々安くなることがあるので、その時が狙いですよ。

何気にかわいい服が多いのがGUです。
GUは当たり外れがあると思いますが、いいものはいい!
ガウチョパンツなんて安いのに履きやすくて最高。

ロングカーディガンも好評のようですね。
店舗が少ないのが、ちょっとね…
あとは行かないけど、しまむらもいいものが多いって噂です。

suicaを紛失!世の中捨てたもんじゃないよね!

この間大きな失敗をしちゃいました。
なんとsuicaを落としてしまったんです。

いつも定期入れにしっかり入れていて、
落としたことなんて1度もなかったのに…。
なくなっているのに気が付いて、
しばらくは周りを見ましたがないんです。

駅員さんに言いに行ったら、
落とし物センターの番号を教えてもらいました。
そして、そこにかけると拾って届けられたものに関しては
コンピューターでわかるようになっていると。

早速電話をかけるとまだ届いていない…。
もうね、少し諦めていたんです。

Suica定期だったし、期限もまだまだで誰かに使われてしまうかもって。
でも、希望をもってその日の夜に再度かけたら
(センターは24時まで営業しています)なんと届いていたのです。

すごくうれしくて電話先のおじさんにお礼を言いまくりました。
次の日本人確認の運転免許証を持って早速取りに行くと、
無事に帰ってきました。
私のsuica定期。スイカにチャージした2,000円も無事に。

本当にいい人がいるんですね、世の中捨てたものじゃないなって思っちゃいました。
私も人には絶対に親切にします。
この恩は一生忘れません。そして、定期入れも気を付けないといけませんね。
なんで落ちたのかもう一度しっかり確認してみたいと思います。

鴨川シ—ワールドのシャチのショー

鴨川シーワールドのシャチのショーって知っていますか?

イルカやあしかのショーは定番ですが、鴨川ではシャチが名物なんですよ。シャチは大きさも凄いので、もちろん水しぶきも半端ないのです。

水がかかるのを覚悟で前の方でみるのも暑い時期はおもしろいですよね。

冬は勘弁ですが…

そういう場所に一緒に行くならそれを楽しめる人がいいなと思います。どんな場面でも楽しめる人って魅力的。

動物園でも水族館でも一緒にはしゃいでほしいな。子供のようにね。鴨川シ—ワールドは南房総にあるので、少し遠いけど行く価値あります!まだ行ってない方は是非シャチのショーを見に行ってみてくださいね。

あのあたりはホテル、旅館も多数あるので泊りで行ってもいいかもしれませんね。私も泊りで行きました、鴨川シ—ワールドから30分ほど車で行ったところの旅館でしたが、なかなか良かったです。

このシ—ワールドは夜も水槽を見ながら寝られるナイトステイもあるんだとか。いつもやっているわけではありませんが、いつかこれにも参加してみたいです。女子限定の日もあるんだってさ。男性限定の日もできればいいのにね。

こういうのって女性ばかりで…なんか男性は損しているなー。
シャチのショーは本当におすすめです!