除菌や殺菌の話し

こんにちは。

だいぶ暖かくなってきましたね♪
今日は除菌や殺菌、菌の話しをしたいと思います。

自宅でも病院でも強力除菌にはやっぱりこれ!

消毒や除菌をする時に良く使用されるものの1つで、次亜塩素酸ナトリウムというのを聞いたことがあるでしょうか。この次亜塩素酸ナトリウムという言葉になじみがなくても、ミルトン、ハイターなどに言い換えれば、あ~わかると納得される人も多いでしょう。実はこの次亜塩素酸ナトリウム、私たちには身近で除菌効果の高い物なのです。

・次亜塩素酸ナトリウムは、どんなものでも使用しやすい
その使用する濃度は用途によってことなりますが、プールにいれたり、哺乳びんを消毒したり。また布製の布巾を除菌する目的で使用することもありますね。日常ではあまり使用しませんが、野菜や果物の消毒にも使用されることもあるほど。それほど用途の幅が広い物なのです。カビや雑菌、またウィルスにも効果があるものとして自宅でも工場や病院といったところでも使用できる優れものでもあるんです。特に感染力が強いノロウィルスなどの時には、これを使って室内を消毒することもあるほど。次亜塩素酸ナトリウムは、どんなものでも使用しやすい、また場所を選ばないというところでメリットが大きいと言えます。

・その使い方には注意が必要なことも
消毒や除菌効果が高いということは、反対に体に害がないとはいえないというデメリットがあります。
例えば家庭用に市販されている次亜塩素酸ナトリウムは、濃度が5%程度。それでも直接手に付着するとぬるぬるすることってありますね。塩素が原料なので、手についてしまうと、皮膚に影響があるのです。そのため使用する時には、手袋を装着する、また目や口などに飛ばないように丁寧で慎重に扱うなどが必要となります。病院ではもっと濃度が濃い次亜塩素酸ナトリウムをしますが、容器にうつしただけで、目が痛くなったり匂いで気分が悪くなるということもあるほど強力です。これらの危険性のあるものであるため、使用する時の原則としては、用途に合わせて希釈をすることが大切です。その希釈方法は、消毒をするべき対象物によって異なるので、説明書きをよく見て使用しましょう。

・消毒効果は高い!でも使いすぎは素材を傷める
もう一つ、使用する際に気をつけたいことがあります。もしも自宅で何かを除菌したいと思った時に使用すると、とても消毒効果の高い次亜塩素酸ナトリウム。しかしながら素材を傷める可能性もあることも覚えておかなくてはいけません。例えば、何度も使用すると、その対象物は腐食したり変色する可能性もあるので注意が必要です。

殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するリスクは?

殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するリスクは?
殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するリスクは?

空気中にいろいろな菌やウイルスが充満しているので日常的に殺菌や除菌をしている人も多いです。殺菌や除菌をする事で菌やウイルスが体内に侵入して感染するのを防いでくれるので日常生活を送る中で重要になってきます。また清潔感を保ち続ける事も出来るので異性から良い印象を持たれるなどメリットになる点も多いです。しかし殺菌や除菌をし過ぎていると体の免疫力が低下してしまう事もあるので注意しなければいけません。そこで殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するとどのようなリスクがあるのかしっかり確認していきましょう。

・便秘になりやすくなる
体の免疫力が低下してくると悪玉菌が善玉菌を除去してしまう事が多いので腸内環境が悪化してしまいます。腸内環境が悪化すると腸の動きが鈍くなるので便が溜まりやすくなってしまいます。それで便意を感じなくなり便秘の症状が出てしまうので一日中お腹の調子が悪い日も続いてしまいます。で殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下すると便秘になる可能性が高くなるので注意が必要です。

・アレルギー症状を起こしやすくなる
体の免疫力が低下してくると外部から刺激を受けた時に肌が敏感に反応するようになってしまいます。それで肌がカサカサになって痒みが出てくるようになるとかいてしまうので炎症を起こしてしまいます。それで肌トラブルにも繋がってしまうので特にアレルギー体質の人は殺菌や除菌をし過ぎないように注意が必要です。

・疲労が取れにくくなる
仕事などで体に疲労が溜まった時は入浴してしっかり体を温めたり規則正しい時間に7時間から8時間の睡眠を取れば回復してきます。しかし殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するとしっかり休んでも体に溜まった疲労が取れにくくなるので一日中だるく感じてしまうようになります。日常生活を送るのに影響してくる事もあるので注意が必要です。

・大きな病気になるリスクも少なくない?
体の免疫力が高い状態だと内臓の状態も良いので負荷がかかった時でもしっかり対応していく事が出来ます。しかし殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下してくると内臓の状態にも影響してくるので負荷がかかった時に対応する事が出来なくなる可能性があります。それで大きな病気になってしまうリスクも少なくないので注意が必要です。

いかかでしたでしょうか。日常的に殺菌や除菌をするのは必要ですけどし過ぎてしまうとこのようなリスクがあるのでしっかり頭に入れておく必要があります。殺菌や除菌は適度に行うようにするといいでしょう。

あっ、それはそうと、最近、除菌の話題といえばオゾンクラスターという脱臭機の購入を検討しています。それにしても、脱臭機のリアルな情報ってネットで探してもあまり見つかりませんねー。どこかに詳しいブログないかしら。

ではでは〜

強運の持ち主と幸せの尺度と人生とか

人生うまくいきません。

人生は思い通りに上手くはいきません。

私も全く人生思い通りにいきません。全部が全部思い通りにいく人ばかりではありません。

確かに強運の持ち主も中にはいらっししゃるとは思います。幸せの尺度というのは人によって違いますし、比べることもできません。さて私が自分自身が運がないということの一つに投資があります。

私は株式投資をはじめて、三年になりますが、資産をかなり減らしてしまいました。

もう後戻りできないところまで来ています。

毎日毎日、一発逆転の日を夢みて、株式投資をやめられません。

実際、仕事をしながらの株式投資には限界があるかと思います。長期投資ならまだしも、私は短期投資で行っており、一日の中での勝負に勝つことを信念としています。

けど、ド素人の私にとっては株投資は難しいものです。しかし、勝った時の気持ちよさは、何とも言えないものがあります。

単純に儲けを出した喜びも当然ありますが、自分の読みがドンピシャで当たったという気持ちよさもあります。

ですが、ほとんどが負けています。七割は負けています。株は上がるよりも下がるほうが多いんです。

実はまだ、どういうやり方がよいか、自分に合っているかと迷っています。迷いがあるうちは勝てないのです。

そして、私の買う株は必ずと言っていいほど、落ちます。買った時から全て落ちます。そして上がることがなく塩漬けになります。

強運の持ち主と幸せの尺度と人生とか
強運の持ち主と幸せの尺度と人生とか

そして我慢の限界がきて、売ってしまった直後から暴騰したりします。これまで、何度もあります。
つまり天井で買って、底で売ってしまうということを最悪のパターンを繰り返します。
今、株取引はスマホで簡単に行えますが、ここでもタイミングが重要です。たった1秒の判断で狂ってきます。
買うか売るか、これだけが非常に難しい。私は取引ですから、これには勘や才能も、もちろんありますが
運にも左右される部分が多分にあると思います。運も実力のうちです。とにかく毎日勝つしかないんです。

続けることが出来れば必ず良い事がある!

私の悩みについて

私の現在の悩みについて書きたいと思います。

2016年6月頃に千葉県に引っ越してきてから、就職活動を始めましたが、なかなか就職が決まりません。最初は、正社員の倉庫内作業の求人に応募をしたのですが、不採用続きです。どのようにしたら就職が勝ち取れるのでしょうか?

私のように多種多様な資格を持っていて努力はしているものの、何か一つにハマってくれない人材を会社は毛嫌いするようです。

収入がないので緊急雇用対策事業にも参加していた時期もありましたが、円満な就職は実っていません。就職活動に関する荒波は以前として解決されていないままです。大きな会社なのに一人の雇用の責任も取れない会社は、腹が立つ話ですよね。

今の時代、責任感溢れる良い上司はいないのです。

しかし、就職活動における荒波はどのようにして解決したらいいのでしょうか?

ボイラー技士2級を持っていても、今では臨時のパートの仕事しかありません。危険物乙4も取りましたが、点検クラスの仕事であれば資格なんて必要ありません。ワードとエクセルの資格も持っていますが、ほとんど基本的な操作ができる程度であって、高校生でもできるレベルです。ワードとエクセルの資格を持っていたって、実際に実務に活かさないと全く意味がありません。

つまり、資格というのは採用をされて職場で使わないと意味がないのです。不採用をもらっている内は、資格なんて効力がないのです。では、今までの資格取得の努力は、無駄な時間だったのでしょうか?嘆かわしい話ですよね。Webクリエイターの資格にも興味を示していたのですが、今度はそれを取得するまで時間がかかるのです。

本一冊200ページ以上はありますから、生半可な勉強量では合格できません。しかもWebクリエイターの資格を取得したところで、Webクリエイターの資格を活かした仕事は少ないです。さらに、Webクリエイターの場合は、流行にも敏感でなくてはいけません。このように、多種多様な資格を取得しても就職が難しいのです。難しい世の中です。

自宅近くにライザップがオープンし、友人に話したら、落ち込む結果に、、、

最近我が家から通える範囲にちまたで噂のライザップがオープンしました。

CMやテレビなどでみていて、いつもすごいなーと思っていたあのライザップです。

気にはなっていたものの、私の住んでいる所から通える範囲にはライザップが無かったので今までは最近はこんなすごいのがあるんだねと他人事程度に見ていましたが、最近になって通える範囲にライザップが出来たのです。

私のライザップのイメージは、健康的に痩せれるということです。

食事もちゃんと見てもらえて、程よく筋肉がつき引き締まった身体。ただたんに体重を落とすのではなく、健康的に痩せれるというのに魅力を感じていました。

また、ちゃんとトレーナーがついてくれるみたいなので、3日坊主の私でも続けられそうだなと感じていたライザップ。そのライザップが私の町にもやって来たのです。(←何度も言う私w)

ライザップが出来たことでオープンしたてのときはそれはもう話題になりました。

私もライザップに通えばあのCMのように引き締まった美しいボディになれるのかなぁと思うととても魅力的です。

ただ1つライザップに通うには乗り越えなければいけない課題があります。

それは費用です。

ライザップには行きたいけど...
ライザップには行きたいけど…

ライザップにかかる費用は私のパートのお給料よりも高いということです。お小遣いで通えるような料金プランではありません。その代わり、あの素敵なボディを手に入れることができるので妥当な金額だとは思います。ですが、パート主婦の私にはライザップに通いたいだなんて旦那にはとてもじゃないけど言い辛いです。

若い頃はそれなりに自信があった体型(半分思い込み)ですが、年もとり、出産もし、今の私の体型はそれはもう無惨な体型です。

女性として、もう1回輝くためにもライザップに通ってみたいという思いは強いですが、現実的にお金がありません。私のお小遣いではもちろん無理だし、旦那のお給料も決して高くないので、ライザップに通う余裕なんてないのも充分理解しています。

でもライザップには私の夢が詰まっているような気がするのです(苦笑)

ライザップに通ってあの素敵なボディを手に入れることが出来れば、好きな服が着れるし、若返るような気がします。だけどそれにはやはりお金なのです。ちゃんとした効果があるからそれなりのお金が必要なのです。

近くにライザップがオープンしても私には遠い存在のようです。

その現実が悲しくて仕方ありません。ライザップに通えばきれいになれる自信があるのに。通い始めたご近所さんが羨ましい限りです。

そんなことを友人に話したところ、友人は「私だったら、仮にライザップを利用する費用があったとしたら、正直私はボディメイクのほうではく、ライザップ英語に行きたいな」なんて意識の違いを見せつけられて落ち込んでいるのが今です。

愛用の防寒グッズ

最近になって、とても愛用している防寒グッズが、2つあります。

それは「レッグウォーマー」と「マフラー」です。

レッグウォーマーというものの存在は知っていました。

しかし、「ダンスをするひとが使うもの」というイメージでした。たぶん映画「フラッシュダンス」のジャケットなどの影響かと思います。靴下売り場で売られているのを見たことはあっても、買ったことはなかったんです。

しかし、昨年、妹が寒がりな私のために、レッグウォーマーをプレゼントしてくれたんです。使ってみて、その温かさに驚きました。冬でも、ワンピースやスカートをはきたいものです。ブーツやタイツなどを合わせてなるべく暖かくしたいと思いますが、どうしても足元は冷えてしまいます。

そんなとき、レッグウォーマーにとても助けられています。マフラーが暖かいのは当然…かもしれませんが、実はつい最近まで使っていませんでした。首元が苦しいのが苦手なので、寒い時期でもマフラーだけは使っていなかったんです。これもまた妹がプレゼントしてくれました。

子供のころは使っていた気もしますが、久々に使ってみて「こんなにも温かいのか」と感心しています。しかも、思ったより苦しくなかったことから、今まで使わなかったのを後悔しています。体温が下がると免疫力も下がり、風邪をひきやすくなるのだそうです。

また、体温を上げることは基礎代謝を上げることにもつながるそうです。そして、ダイエットをしている人にとっては、温めるということはとても重要なのだと聞きました。これまでも体を冷やさないように注意していたつもりでしたが、まだまだできる防寒対策があるのだな、と思っています。

足元と首元を温めるだけで、かなり違うと感じています。レッグウォーマーは、毎日使えるように自分でも新しく何枚か購入しました。とても快適です。これからも、しっかり冷えの対策をして、風邪をひかず健康に過ごしたいと考えています。

少し英語が出来る人の勉強法

日本の学校で学ぶ英語の授業は、実践的にあまり役立たないと思います。

鉛筆を見て、「This is a pen」(これは鉛筆です。)って、見れば分かりますけど…って感じで、日本語でも、「これは鉛筆です。」って普段言わないと思いませんか?

学生時代勉強していた英語って、本当に突き詰めて勉強している人以外は、実際海外に出て使えない英語ばかりだと思います。

そこで、色々な単語を知っていて応用力のある人は少し話せるかもしれませんが、多くの日本人はそこまでの応用力は学校教育では養ってないと思います。

ただ、テストに向けての勉強というだけのような気がします。

そこで、少しでも英語が話せるようになりたい人には毎日、日記を書いてみる事をお勧めします。

例えば I went to town.(私は町に行った)。だけでも、書いてみる事が大事なんです。
最初から無理して長い分を書く必要はないので、最初は3文くらいの日記を続けて書いてみることにチャレンジしてみて欲しいです。

一日の夜寝る前でも構いません。英語に触れる時間を作る事が大事になってきます。
日数が続けば、きっと長い分を書いてみたくなってきます。
そうすれば、I went to town yesterday. (私は、昨日町に行った)と少しずつ文章を長く作れるようになってくると思うのです。

1週間も立てば、I went to town to go shopping with my friend. (友達とショッピングをしに町に行った。)くらい上達すると思います。
ここまで書けるようになれば、文章を頭の中で作って言葉にできるようになるはずです。
しかも、それを「話してみたくて仕方ない!」って所までいけば、もう言う事ありません。すぐ話せるようになります。

英語を話す人と普段関われないなら、英会話スクールに行くのもいいでしょうし、外人の人を見かけたら勇気を出して話してみるのもいいかもしれません。
意外と日本で見る外国人の方は日本語もお上手なので、きっとそんなに心配する事なくコミュニケーションが取れると思います。

英語が出来るようになることは、テストでいい点を取ったりすることではありません。
TOEICとか良く聞くとおもいますが、例え英語が堪能で喋れる人でも、TOEICは、TOEICの勉強をしないと良い点は取れません。

英語が話せるようになれば、世界が広がります。
島国日本は多国籍ではないし、日本でしか生活していない人が多く、日本での生活や価値観が世界共通だと思っている人が沢山います。
全然違いますよ。小さな世界から飛び出して、たくさんの人に広い世界を見て欲しいなと思っています。