携帯電話防水ケースを購入してみた

旅行好きのわりに、南国には縁がなくあまり、海に入ることは少ないのですが、携帯電話を水から守る防水携帯ケースを買ってみました。

基本、シャワーで済ませるので、湯船に長くつかることもないので、使い道も少ないかとは思うんですけど、ユーチューブを見たりしたら楽しいのかな?と思い・・・

調べたら、みなさん。

かなり、工夫されてるみたいですね。

ジップロックに携帯電話を入れて、防水代わりにしているとか。タッチもスムーズだから、快適だと、かなりの人が書いてありました。でも、万が一落としたら、怖いですよね?

色々、探してなるべく安いものを購入。

口コミも見て・・・

結構、ピンキリで高いものは4000円以上するものもあったりして、そこまでするほどでもないんだよなーと見ていると

ありました!
799円

お風呂以外にも、アウトドア、プール、海。なんと、水の中でも映像の撮影ができるんだとか。

でも、さすがに、水につけるのは怖いです、、、

799円だしね。

万が一、携帯電話に水が入って買い換えるなんて、考えたら。。。ぞっとします

どんなのが届くんだろう。 値段が、これだけあまりにも安かったから
かなり不安もありますが・・・ちょっと楽しみです。

東京海上日動のマングローブ植林活動

企業の社会貢献活動のうち、テレビCM、また雑誌広告などで露出が多く有名なものの一つに、東京海上日動火災保険(以後、略して東京海上日動)のマングローブ植林活動があります。

東京海上日動は、2004年に東京海上火災と、日動火災という損害保険大手二社が合併して発足した会社です。東京海上は、長らく損害保険業界最大手として、また大学生からすると従業員の所得水準が極めて高い会社(そして東大卒が多い会社)としても有名です。現在は業界再編が進んで最大手ではなくなりましたが、日本の損害保険会社トップ3の一角を占めています。

三菱グループの中核企業の一社で、東京丸の内の皇居の真ん前の本社を見たことがある人も多いと思います。

1999年に、東京海上日動(当時は合併前で東京海上)は環境貢献活動の一環として、東南アジアにおいてマングローブ植林活動を開始しています。すでに15年以上の実績があり、植林した総面積は8,994ヘクタールにも上っています。これを東京ドームに換算すると、1923個分というとてつもない広さです。

木を植える活動は多くの企業が取り組んでいる中で、なぜ東京海上日動はマングローブなのか。その理由は、マングローブは他の木々と比べて、二酸化炭素を取り込む量が多いからです。植林の目的の一つが、地球温暖化を防ぐということであるため、温室効果ガスである二酸化炭素をマングローブが吸収することで、環境破壊をわずかながらでも食い止めようという壮大な試みです。

またマングローブには別の役割も期待されています。それは、津波や高波を防止する効果です。マングローブが生えていると、それが防御壁のような役割を果たし、津波や高波が沿岸部を襲う力を弱める効果が期待されています。

もちろん、こうした東京海上日動の取り組みを、利益を最大化する企業の売名行為という声もあります。しかしながら、「売名行為」と非難するだけでなにもしない人や組織と比べると、大変立派な取り組みだと私は思います。マングローブは植林され、実際に存在して、わずかながらも効果を発揮しているのです。

それと、環境つながりでいえば、最近私はオゾン発生器(発生装置?)に興味があります。私、ファブリーズとかああいうのが苦手なもので…

オゾン発生装置ドットコム

ガス料金とエコ

こんにちは。近年のオール電化ブームに負けないで、ガス生活をおこなっている人達。私と一緒です。

そして、プラスアルファでうちは、プロパン。そうガス料金の中でも節約が難しい分類のプロパン一家なんです。私は、実は結婚してからずっとプロパン生活を行っておりまして、ただの一度もオール電化に触れたことがありません。

まぁ、それはずっと同じ家に住んでいて、しかも賃貸なので何も出来ないといったのが一番の要因なわけですが、オール電化の夢はまだぬぐいきることはできず、いつかマイホームを持ったら、その際はオール電化!と常日頃から思っている次第であります。

ですが、毎日の食事に関しては、あたりまえのごとくプロパンで調理をしなくてはいけないので、どうしたってガス料金が高くなってしまいます。
ですが同じプロパンを使用している友人よりもガス料金が安いようなんです。

それは節約=エコだからではないでしょうか。そんな今日は、私のプロパンエコ術を少し紹介したいと思います。まず、オフロですね。基本的にシャワーで済ませ、お風呂場が冷たくならないように家族が続けて入浴します。これ鉄則ですね。

また万が一…といいますか冬やとても疲れている日などはさすがに入浴に切り替えます。

エコより身体が大事ですからね。

そんな日は湯の量は最低限にし、これまた家族が続けて入浴することによりガスの追い炊き機能をあまり活用しなくていいというメリットがあります。また冬場の入浴の際は、2日利用できるので、2日目は好きな入浴剤をいれて水道代もエコにします。残り湯は当然のごとく、掃除や洗濯に使用します。次に料理の際について。パスタなどは表示時間より3分前にガスを止めて余熱で完全に調理します。(たまにかき混ぜることをお忘れなく!)これでも全然普通に茹でたのと変わりありません。これと同様に料理は基本余熱調理です。
高価なお鍋を使わなくても余熱で料理は十分なんです。

まだまだ紹介しきれませんが、今日はこのあたりにしてまた次回エコについて紹介したいと思います。

サービスエリア

先週「スゴーイデスネ!視察団」を見ました。

段々見るのが日課になりつつあり、最近は2時間スペシャルなので嬉しいです。海外の方が驚いた中でサービスエリアのコンシェルジェに私も驚きました。茨城県のサービスエリアなんですが、茨城県全体を把握してることと実際に色んな場所へ行ってることに驚きました。

全体を把握してることについては、全国から色んなお客様が来るので近場に限らず、茨城県の色んな場所を聞かれてもすぐに答えられるようにノートにびっしり書かれてました。

びっしり書かれてる内容は、実際に行ってどんな感じか確かめるために行ってるのですが、仕事ではなく休日に仕事仲間と一緒に行ってるのが素晴らしかったです。

また強制ではなく、どの方も旅行気分で楽しんでるのに感心しました。

書かれてる内容もレビューや口コミだったので、どの方が見ても分かりやすかったです。その位仕事に対して熱心なんだと改めて感心しました。仕事は、強制ではないけどやらなきゃならないことばかりですが、このような人達を見てると羨ましい反面、本当にその仕事が好きなんだと感じました。

楽しんでる人程、こうやって評価され海外の方にも認められるんだと思いました。仕事に対する姿勢は人それぞれだけど、基本は楽しむというのを忘れてました。ただ会社に行くのは勿体無いなと気付かされました。

気付いたことで改めて仕事に対して違った取り組み方をしていこうかなと決めました。

動画視聴サイト〜このシステムを考えて形にした人は天才

Amazonとかhuluとか、月額で映画やアニメ、ドラマが無料で見られる時代になりました。これ、ものすごく便利ですね!

私の世代だと、見たい映画は映画館へ行くかテレビで放送されるか、TSUTAYAへレンタルしに行くかの選択肢でした。それが今では、ネットでアカウント登録すればすぐに視聴可能になるんですよ。借りるという手間が無いですし、返す必要も無いですし、便利過ぎて怖くなります。

昔は借りたいDVDが近所のTSUTAYAに無くて、悔しい思いをした経験があります。動画配信のサイトならそうした心配も不要ですよね。ほんと、このシステムを考えて形にした人は天才だと思います。いろいろな人におすすめしたいですね。

逆に、ユーザーが投稿するタイプの無料動画サイトで映画を見るような行為はあり得ないですよ。大好きな映画が丸ごとアップロードされているのを見たことがありますが、切なくなりますね。良質な映画は多くの人が努力して作り上げて傑作です。そんな良作が違法にアップロードされた動画によって汚されている感じすら受けます。

テレビで見るなり、レンタルするなり、正式な方法で見るのが映画を作った人への敬意ですね。面白いか面白くないかは関係ないんですよ。

レストランに入って、料理がまずかったから代金は払わない、という理論がおかしいのぐらい誰でも分かります。

違法行為はやめるべきですね。