お尻を綺麗にするためにすること

私はお風呂に入る時は必ず鏡を見ます。そして、体のチェックをするのです。

どこか変なところがないか、どこか異常なとこはないか、どこか汚れているところはないかと鏡を見ます。

皆さんも裸で鏡を見ますよね?

私だけだったら恥ずかしいです。そして最近気になるところがあります。それはお尻の汚れです。

汚れと言っても、泥とかで汚れているわけではありません。黒ずみやニキビです。ニキビって顔や背中だけじゃなく、お尻にも出来るんですね。

お尻の汚さに気付いた時は、とてもショックでした。「なんじゃこりゃー」と思いました。

お尻に黒ずみだけじゃなく、ニキビもありますからね。そこで、調べましたよ。必死になって。

お尻が汚れる原因と、お尻を綺麗にする方法を。そうしたらわかりました。黒ずみはメラニン色素によって出来るそうです。そして、ニキビはお尻の蒸れによって出来るそうです。

メラニン色素とは何か?

説明すると、日光には紫外線が含まれています。その紫外線を浴びると、メラニン色素が過剰に生成され、それがうまく排出されずに黒ずみが出来るらしいです。

でもお尻に紫外線は当たらないよねと思うけど、メラニン色素は摩擦によっても作られます。摩擦が多いとメラニン色素が過剰に作られやすくなるのです。でもどうやって、お尻の摩擦が起きているのかというと、まずは下着です。下着とお尻の間に摩擦が起こっているのです。

締め付けるような下着や、サイズの合わない下着を履いていると摩擦が起こりやすくなって黒ずみが出来るというのです。

そして、変な姿勢で座るのも良くないらしいです。

変な姿勢で座ると摩擦が起こりやすいので良くないらしいです。ようするに摩擦を軽減すれば、お尻の黒ずみはなくなるということです。だから下着には気を付けたいですね。

それとお尻のニキビは蒸れによって起こるので、お尻を蒸れさせないことが大切です。

長時間の座り仕事とかは、お尻が蒸れやすく、ニキビが出来やすいです。これは仕事なので、しょうがないです。それと、お尻にクリームを塗るのもいいそうです。とにかく、摩擦と蒸れに気を付けてお尻を綺麗にしようと思います。

ニオイに敏感な人や、そうでもない人が気になるタイミング。

ニオイが気になる人は、どんな事でも敏感に反応する事が多い気がします。これは、青春時代の影響もあるのでは?

いずれにしても、男女共に気にし出すタイミングと言えば…10代の頃ではないでしょうか?

それも、12歳以降で言わば中学生位ですね!今までは、お洒落に感心が無くても問題はありませんでした。

しかし、ゲームやスポーツ三昧の男女は気が付いてしまいます…。

「あれっ、最近あいつキレイにしてない!?」友達の変化に、徐々に気が付き焦り出すのもこの時期です。髪型や服装もそうですが、何だか分からないけど…いい匂いなんです。爽やかな石鹸の香りや、有名ブランドの香水の匂いに憧れは募るばかりです。

そこで、自身も挑戦しようと頑張りますね?慣れない髪型セットや、ファッション雑誌を立ち読み(このタイミングでは買いません…)しながら独学開始です。カッコいいや可愛いは、実はニオイに関連しているのも分かって来ます。

けれど、ここで分岐点が始まってしまいます。「ニオイ」=モテるやお洒落を勘違いする方向性です。有名ブランドのドギツイ系の香水を、これでもかと降りつけるパターンです。この傾向に人は、大人になっても変わらないケースが多い気がしますね…。

コンパやお見合いで、可愛いのに「キツイ香水」は減滅してしまいます。特に、鼻が良い人にとっては地獄⤵になりますね?この経験は、後々にニオイ敏感症に繋がってしまいます。最終的には、イイ匂いや臭い匂いに関係無く拒否反応が出るんですね⤵。

一方で、トータルバランスが取れた「ニオイさん」達は気遣いも万全です。自分にあったニオイを知っているので、モテる要素がプラスされています。特に女性で感じるのが、髪の毛の香り(匂い)ですね!髪をかき分ける仕草ので、ほのかに香る匂いは男性をひきつけます。失礼な事ですが、ルックスがあまりタイプで無くても「可愛いく見えてきます!」そこから、とにかく気になる存在に変わっていくのは自然な流れですね?

もしかしたら、10代前半でも「モテる戦略!」を理解し実行していたのかも知れません…。

恐るべき女性です!しかしながら、やはり残念なのは匂いに強烈な印象をもってしまった人ですね!偶に、眉間にしわを寄せて辺りを見渡す人を見かけます。更に、鼻をピクピクさせて…。もしかしたら、ニオイトラウマの人かと心配してしまいます。でも、花粉症の方達も急増中の世の中です。考え過ぎじゃないのかと…自身に問いかけていますね?