少し英語が出来る人の勉強法

日本の学校で学ぶ英語の授業は、実践的にあまり役立たないと思います。

鉛筆を見て、「This is a pen」(これは鉛筆です。)って、見れば分かりますけど…って感じで、日本語でも、「これは鉛筆です。」って普段言わないと思いませんか?

学生時代勉強していた英語って、本当に突き詰めて勉強している人以外は、実際海外に出て使えない英語ばかりだと思います。

そこで、色々な単語を知っていて応用力のある人は少し話せるかもしれませんが、多くの日本人はそこまでの応用力は学校教育では養ってないと思います。

ただ、テストに向けての勉強というだけのような気がします。

そこで、少しでも英語が話せるようになりたい人には毎日、日記を書いてみる事をお勧めします。

例えば I went to town.(私は町に行った)。だけでも、書いてみる事が大事なんです。
最初から無理して長い分を書く必要はないので、最初は3文くらいの日記を続けて書いてみることにチャレンジしてみて欲しいです。

一日の夜寝る前でも構いません。英語に触れる時間を作る事が大事になってきます。
日数が続けば、きっと長い分を書いてみたくなってきます。
そうすれば、I went to town yesterday. (私は、昨日町に行った)と少しずつ文章を長く作れるようになってくると思うのです。

1週間も立てば、I went to town to go shopping with my friend. (友達とショッピングをしに町に行った。)くらい上達すると思います。
ここまで書けるようになれば、文章を頭の中で作って言葉にできるようになるはずです。
しかも、それを「話してみたくて仕方ない!」って所までいけば、もう言う事ありません。すぐ話せるようになります。

英語を話す人と普段関われないなら、英会話スクールに行くのもいいでしょうし、外人の人を見かけたら勇気を出して話してみるのもいいかもしれません。
意外と日本で見る外国人の方は日本語もお上手なので、きっとそんなに心配する事なくコミュニケーションが取れると思います。

英語が出来るようになることは、テストでいい点を取ったりすることではありません。
TOEICとか良く聞くとおもいますが、例え英語が堪能で喋れる人でも、TOEICは、TOEICの勉強をしないと良い点は取れません。

英語が話せるようになれば、世界が広がります。
島国日本は多国籍ではないし、日本でしか生活していない人が多く、日本での生活や価値観が世界共通だと思っている人が沢山います。
全然違いますよ。小さな世界から飛び出して、たくさんの人に広い世界を見て欲しいなと思っています。

なんだかんだ年を取って考え思う事

同級生や友人同士で会って話をする時に、20代の頃は「彼氏出来た?」とか「恋バナ聞かせて〜」とかいう話で盛り上がっていましたがやはり30代に突入するとそんなにフワフワでキラキラした感じではなく、「子供の予防接種終わった?」とか「シミとか一気に出てくるよね〜」なんていうような子育て、美容(というより老化?)、育児の話が中心になってきます。

また、皆がワイワイ集まっている中では話さないものの、親も高齢になってくるので「介護」とか「老後」の話を改めて仲の良い友達同士で話をしたり自分の将来についても、子供の話を含め「心配だよね」「どうしよう」なんて話しています。

子供の頃は世の中の大人が、毎日こんなに色んな事を考えているなんて知りもしませんでした。

私は学校に行くのがあまり好きではない子供で、出来れば1日中家の中で遊んでいたいなんて思っていました。けれども、家には仕事に出掛ける母親が居て、私が駄々をこねて「学校行かない!」なんてやっていると「お母さんは子供を学校に行かせる義務があるの!早く用意して行きなさい!」とどなられました。

そのまま強引に家から引っ張り出され、私はしぶしぶ学校へ向かってトボトボと歩きながら「大人は好き勝手出来て良いな。子供は義務教育だから無理やり学校に行かないといけないのに」なんて思っていました。

けれど、母親からしたら出勤前に子供にぐずられ遅刻も出来ない状況なのに家には見てくれる人もおらず、ギリギリ間に合うか間に合わないかの状況だったはずです。毎日靴下を履くのを嫌がって、泣きわめいて、ランドセルすら持とうとしない我が娘に腹も立ったと思います。

それなのに、母親から叩かれたとか、力でどうにかいうことをきかされたという様な記憶は全くありません。大声で怒鳴って叱られた事は何度もありますが、手を上げられ事は1度もなかったと思います。

今時代、子育てで追い詰められ、我が子に暴力をふるうなんていう大変痛ましい事件もあります。そんな時は、自分の母親を思い出します。

無香料の柔軟剤が簡単に手に入らずに困っています。

私は芳香剤や柔軟剤などのニオイがとても苦手です。

以前はそれほどニオイには敏感にはならなかったのですが、1人目の子どもを妊娠してつわりでニオイに対して敏感になって以降は、子どもを出産した以降でも芳香剤や柔軟剤などの強いニオイを受け付けなくなってしまいました。

また子どもたちもニオイの強い柔軟剤に対しては、少し鼻に刺激が出てきているようで、子どものためにも使いたくないとは思っています。

時々強い香水や柔軟剤のニオイを漂わせている人に出会いますが、接している時は頭痛がしたり息苦しくなるなど体調が悪くなってしまいます。特にランチなど飲食の機会にそのような人が近くにいれば食欲もなくなってしまい、せっかくのランチが台無しになってしまうこともしばしばです。なので現在自宅では芳香剤は全く使わず、柔軟剤は今のところ無香料のものを選んで使用しています。

しかし柔軟剤といえばいい香りがするのが売りなので、自分の思うような無香料の製品になかなか出会えないのが現実です。以前よく利用するスーパーのプライベートブランドで無香料の柔軟剤が販売ざれていた時期があり、それを好んで使用していたのですが、購入する人がそれほどいなかったからなのか半年くらい前に突然廃盤になってしまいました。

なので別の無香料の柔軟剤をまた1から探さなければならない状態になってしまいました。現在市販されている無香料の柔軟剤は2、3商品確認していますが、いずれの商品も自宅のすぐ近くでは販売されておらず、うっかり切らしてしまった時はすぐに手に入らないのが難点です。

もし無香料の柔軟剤を切らしてしまった場合は、やむを得ずニオイがより控えめだと謳っている種類の柔軟剤を探して購入するのですが、どんなに控えめのニオイだというものでもニオイに敏感な私としては気分を悪くしてしまうのです。近年はスメハラといった、自分ではいいニオイだと思っていても、人にとっては不快感を与えてしまうニオイになりうる場合があるということが言われ、ニオイに敏感な人も多数いるということを認知されるきっかけになりました。

しかし相変わらず柔軟剤はニオイの強い製品がいいという風潮があるようで、スメハラが言われるようになった以降新たに無香料の柔軟剤が販売されるようになったという話は全然聞きません。

今後も私は柔軟剤は無香料の製品を使い続けるつもりでいますが、今販売されている無香料の柔軟剤が継続して販売されることを願ってやみません。