叶わなかった教師になるという夢

ネットをしていると偶然、最新の「なりたい職業ランキング」というタイトルが気になり、見てみました。
1位は想像通り、プロスポーツ選手でした。

野球やサッカーなどの王道だけでなく、今では色んなスポーツの選手が活躍していますし、都度ニュースでも取り上げられますから、それを見た子はやっぱり憧れますよね。

2位はデザイナー、3位はパティシエ、4位は保育士、5位はゲームクリエイターです。
デザイナーというのは予想外でした。

ちなみに私の目指した中学校の教師は63位でした。実は私は中学校の教師を目指していたんです。これは中学生くらいから何となく憧れていて、高校になって大学を決める時には既に完全に目指していました。

ですから、大学は当然、教育学部でした。

大学2年と3年の時には教育実習にも行きました。その時はかなり生徒に受け入れられ、やっぱり教師はいいなと感じていました。しかしなんと、4年の時に留年してしまったのです。

原因はバイトのし過ぎですorz

当時バイトとして働いていた仕事場で、バイトのくせに結構な地位に付けられ、大学に行けない状態になってしまったのです。それはそれで楽しかったということもあり、本業である勉強がほとんどできなくなっていたのです。

結果的にそれが原因で単位を落とし、卒論は書いたのに留年してしまいました。

そしてそのまま退学し、教師という夢は諦めました。

今、当時の自分を思い返して思うのは、「なんとなく」夢を思っていても叶うことはないんだなぁ、ということです。夢や目標は自らが積極的に「叶える」ものなんだなぁということです。

実は今私は、英語を学ぼうと考えています。理由は、自分の人生に奥行きをもたせるためです。と、いうと、なんだか大げさな感じになってしまいますが、、、

でも、そう思っているのは事実です。

英語を学ぶということも、このまま今までの自分の考え方でいくと、大した結果になりそうにありませんので、ここからは積極的に「英語をマスターするんだ!」と意気込んで頑張りたいと思います。

ピンからキリまである中で、適切な英語教材をざっと勉強してからサクッと英会話教室に行きます。その後、海外の友人に少しお付き合いいただき自分の英語スキルを磨いていきたいと思います。

がんばるぞ〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*