ペースメーカーのチェック

朝一で、利用者を連れて病院に行きました。

目的は年に一度のペースメーカーのチェックです。

最初に検査を行い、その後ペースメーカーの業者さんがきて、機器の動きを確認していました。

病院に利用者を連れて行くときは、できたら家族も同行してもらうのですが、息子さんもご高齢で歩くのが大変そうで申し訳なかったです。

業者による確認は15分ほどで終了しました。その後、診察があり、私も息子さんも一緒に入りお話を聞くと、電池が残り少ないかもしれないとの事でした。一瞬「え〜!!」と思いましたが、そんなに慌てる様子ではなく、次回チェックは一年がですが、半年後にしましょうとの事でした。

もし、電池がなくなったら大変ことになるので、その前に身体からペースメーカーを取り出して、電池交換をすることになるのでしょうね。家族さんも特に驚くような顔はしていませんでした。このペースメーカーのチェックは一連のことを全て含めると、半日がかりです。

本人も疲れたと思いますが、正直こちらも疲れました。

それでも、施設にかえると「ありがとう、お世話になりました」と一言頂いたので嬉しかったです。

家族さんもとても温厚で優しいひとでした。

半年後にまた連れて来たいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*