珈琲が好きなのですが

珈琲が好きなのですが、普段自宅に常備しているのは個包装のフィルターのものです。あれって確実に割高なのでしょうけれど、手軽に飲めつつ、ほどほどにキチンと入れている感があり、珈琲を切らしそうになるとつい買い足してしまいます。

自宅でサイフォンで淹れようとまでは思いませんが、外で飲む度にもうちょっと自宅での珈琲のグレードを上げても良いんじゃないかと思い、せめて500グラム程の、袋に入った挽いた豆で購入しフィルターで入れればいいかもしれない、と考えるのですが家についた頃には忘れてしまいます。

割安になれば20杯を同じ金額で飲むのでも、はるかに美味しいものが飲めるであろう事は確かなのですが。

豆に拘りがだしたら大変な事になりそうですね。

一度人に連れられて行った喫茶店、学芸大学だか都立大学駅が最寄だったと記憶しているのですが、そこで飲んだ珈琲が、豆をボリボリと食べても美味しいんじゃないかと思うほど特別でした。

そこのマスターは豆を個人輸入しているとのことで拘っているのは確かですが、当然のように美味しい珈琲を出してきたのが印象に残っています。

私も家で、来た人に当然のように美味しい珈琲を出してみたり出来たら、いいなぁ、なんて思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*