生きにくい芸能界

SMAPが解散することになりました。

まだ事実として受け入れずらく、そこまでファンではないのに心にぽっかり穴が開いたようです。そこまでファンではない私の心にこんなにぽっかりと穴を開けるなんてやっぱりSMAPはすごい存在なんだと改めて感じました(苦笑

しかもその発端がメンバーの意志でなく、会社の人の人間関係のいざこざで、スマップの人間関係まで崩れることになってしまって、非常に残念としか言えません。スマップは国民的タレントという感じで、それぞれが司会ドラマ、バラエティーなどをおこなって、5人そろったときに初めて歌を歌います。ですからその歌を聴くことができなくなることが一番寂しいです。

きっとスマップの元マネージャーといわれる飯島さんが抜けても、スマップは成り立っていくと思ったのですが、結局は飯島さんが5人をまとめていたことも浮き彫りになりました。ジャニーズ事務所を見ていると家族経営の普通の会社だな、ということが伝わってきます。

やはり上司にはむかう部下は嫌われますし、上司が管理できない部下は出世コースから離れていきます。実力があっても嫌われてしまったら出世しにくいように、スマップも会社の中で浮いていたのかな、と想像ができます。親が子をかわいがるのは当然のことで、一般社員とはまったく視線で見ています。

普通の会社でしたら、やり直しがききます。違う会社に行ったり、違う場所に行ったらたいていのことはうまくいくようになります。誰だって合わない人はいますので、やり直すことで自分の力を身に着けることだってできます。

しかし、日本の芸能界というものは一つしかありません。

スマップのことで芸能界のドンとか大きな勢力があって、その人たちが芸能界を仕切っているということを知りました。その波に乗らなければうまくいかないことを知りました。それが本当なら、実力が発揮されない残念な世界です。

スマップの5人は、来年の6月には契約の更新時期がきてどうなるのかわかりませんが、もうこんなに騒がれたしまった以上、イメージはもとに戻ることもありませんので、非常に残念に思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*