なんとかしたい!ドジな私

なんとかしたい!ドジな私

とにかくドジな私。全てにおいて不注意なのです。もちろん自分では不注意という認識はありません。

でも結果として起きた事態のほとんどは不注意によるものなのです。

どうしてこうなんでしょう?

自分で自分が嫌になってしまいます。今日も料理中に包丁の水気を切ろうとしてシンクの上で軽く包丁を振ったのですが…。

いえ、シンクの上だと思っていました。目はまな板の方を見ていて、包丁の方を見ていなかったのです。で、包丁を軽く振ると、包丁が何かに当たる感触がして、音がしました。

あ~~!思い出すのも怖ろしいです。包丁の歯先がピッカピカの水道の蛇口に当たってしまったのです。包丁の方はなんともありませんでしたが蛇口にはしっかり傷がついてしまいました。

それほど深くはないけど決して浅くはありません。今更後悔してもどうにもなりませんが、水気は布巾でふき取るべきでした。ほんの些細な手抜きが大きなダメージに繋がってしまいました。ちょっと気を付ければ、防げたのに。これまでの失敗の数々も考えてみればこんな失敗ばかりです。

もう消えてなくなりたい、生まれ変わりたい心境です。とはいえ、この傷をこのまま放っておいていい筈はありません。

なんとか元通りきれいにする方法はないものかと、まずはネットでリサーチしてみました。すると、ヤフーの知恵袋に、蛇口に傷をつけてしまったのできれいにする方法はないか、という問い合わせが掲載されていたのです。

投稿した人はいったいどんな方なのでしょう?

こんな失敗をするのは、私だけじゃなかったんだと、安心するやら、親近感を覚えるやら。

ですが、その回答は「部分的に部品を取り替えるしかない」というものでした。改めてキッチンの蛇口を見てみると、全体は象の鼻のように長いのですが、傷をつけた部分は先端部分で、分離できるようになっていました。

でも、一抹の光陽が見えたのも束の間。外してみようと試みましたが、中に蛇腹ホースが内蔵されていて外せません。

しかし、素人では無理でも専門家ならきっとできる筈。そう自分に言い聞かせて料理を再開しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*