除菌や殺菌の話し

除菌や殺菌の話し

こんにちは。

だいぶ暖かくなってきましたね♪
今日は除菌や殺菌、菌の話しをしたいと思います。

自宅でも病院でも強力除菌にはやっぱりこれ!

消毒や除菌をする時に良く使用されるものの1つで、次亜塩素酸ナトリウムというのを聞いたことがあるでしょうか。この次亜塩素酸ナトリウムという言葉になじみがなくても、ミルトン、ハイターなどに言い換えれば、あ~わかると納得される人も多いでしょう。実はこの次亜塩素酸ナトリウム、私たちには身近で除菌効果の高い物なのです。

・次亜塩素酸ナトリウムは、どんなものでも使用しやすい
その使用する濃度は用途によってことなりますが、プールにいれたり、哺乳びんを消毒したり。また布製の布巾を除菌する目的で使用することもありますね。日常ではあまり使用しませんが、野菜や果物の消毒にも使用されることもあるほど。それほど用途の幅が広い物なのです。カビや雑菌、またウィルスにも効果があるものとして自宅でも工場や病院といったところでも使用できる優れものでもあるんです。特に感染力が強いノロウィルスなどの時には、これを使って室内を消毒することもあるほど。次亜塩素酸ナトリウムは、どんなものでも使用しやすい、また場所を選ばないというところでメリットが大きいと言えます。

・その使い方には注意が必要なことも
消毒や除菌効果が高いということは、反対に体に害がないとはいえないというデメリットがあります。
例えば家庭用に市販されている次亜塩素酸ナトリウムは、濃度が5%程度。それでも直接手に付着するとぬるぬるすることってありますね。塩素が原料なので、手についてしまうと、皮膚に影響があるのです。そのため使用する時には、手袋を装着する、また目や口などに飛ばないように丁寧で慎重に扱うなどが必要となります。病院ではもっと濃度が濃い次亜塩素酸ナトリウムをしますが、容器にうつしただけで、目が痛くなったり匂いで気分が悪くなるということもあるほど強力です。これらの危険性のあるものであるため、使用する時の原則としては、用途に合わせて希釈をすることが大切です。その希釈方法は、消毒をするべき対象物によって異なるので、説明書きをよく見て使用しましょう。

・消毒効果は高い!でも使いすぎは素材を傷める
もう一つ、使用する際に気をつけたいことがあります。もしも自宅で何かを除菌したいと思った時に使用すると、とても消毒効果の高い次亜塩素酸ナトリウム。しかしながら素材を傷める可能性もあることも覚えておかなくてはいけません。例えば、何度も使用すると、その対象物は腐食したり変色する可能性もあるので注意が必要です。

殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するリスクは?

殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するリスクは?
殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するリスクは?

空気中にいろいろな菌やウイルスが充満しているので日常的に殺菌や除菌をしている人も多いです。殺菌や除菌をする事で菌やウイルスが体内に侵入して感染するのを防いでくれるので日常生活を送る中で重要になってきます。また清潔感を保ち続ける事も出来るので異性から良い印象を持たれるなどメリットになる点も多いです。しかし殺菌や除菌をし過ぎていると体の免疫力が低下してしまう事もあるので注意しなければいけません。そこで殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するとどのようなリスクがあるのかしっかり確認していきましょう。

・便秘になりやすくなる
体の免疫力が低下してくると悪玉菌が善玉菌を除去してしまう事が多いので腸内環境が悪化してしまいます。腸内環境が悪化すると腸の動きが鈍くなるので便が溜まりやすくなってしまいます。それで便意を感じなくなり便秘の症状が出てしまうので一日中お腹の調子が悪い日も続いてしまいます。で殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下すると便秘になる可能性が高くなるので注意が必要です。

・アレルギー症状を起こしやすくなる
体の免疫力が低下してくると外部から刺激を受けた時に肌が敏感に反応するようになってしまいます。それで肌がカサカサになって痒みが出てくるようになるとかいてしまうので炎症を起こしてしまいます。それで肌トラブルにも繋がってしまうので特にアレルギー体質の人は殺菌や除菌をし過ぎないように注意が必要です。

・疲労が取れにくくなる
仕事などで体に疲労が溜まった時は入浴してしっかり体を温めたり規則正しい時間に7時間から8時間の睡眠を取れば回復してきます。しかし殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下するとしっかり休んでも体に溜まった疲労が取れにくくなるので一日中だるく感じてしまうようになります。日常生活を送るのに影響してくる事もあるので注意が必要です。

・大きな病気になるリスクも少なくない?
体の免疫力が高い状態だと内臓の状態も良いので負荷がかかった時でもしっかり対応していく事が出来ます。しかし殺菌や除菌のし過ぎで体の免疫力が低下してくると内臓の状態にも影響してくるので負荷がかかった時に対応する事が出来なくなる可能性があります。それで大きな病気になってしまうリスクも少なくないので注意が必要です。

いかかでしたでしょうか。日常的に殺菌や除菌をするのは必要ですけどし過ぎてしまうとこのようなリスクがあるのでしっかり頭に入れておく必要があります。殺菌や除菌は適度に行うようにするといいでしょう。

あっ、それはそうと、最近、除菌の話題といえばオゾンクラスターという脱臭機の購入を検討しています。それにしても、脱臭機のリアルな情報ってネットで探してもあまり見つかりませんねー。どこかに詳しいブログないかしら。

ではでは〜

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*