ガス料金とエコ

こんにちは。近年のオール電化ブームに負けないで、ガス生活をおこなっている人達。私と一緒です。

そして、プラスアルファでうちは、プロパン。そうガス料金の中でも節約が難しい分類のプロパン一家なんです。私は、実は結婚してからずっとプロパン生活を行っておりまして、ただの一度もオール電化に触れたことがありません。

まぁ、それはずっと同じ家に住んでいて、しかも賃貸なので何も出来ないといったのが一番の要因なわけですが、オール電化の夢はまだぬぐいきることはできず、いつかマイホームを持ったら、その際はオール電化!と常日頃から思っている次第であります。

ですが、毎日の食事に関しては、あたりまえのごとくプロパンで調理をしなくてはいけないので、どうしたってガス料金が高くなってしまいます。
ですが同じプロパンを使用している友人よりもガス料金が安いようなんです。

それは節約=エコだからではないでしょうか。そんな今日は、私のプロパンエコ術を少し紹介したいと思います。まず、オフロですね。基本的にシャワーで済ませ、お風呂場が冷たくならないように家族が続けて入浴します。これ鉄則ですね。

また万が一…といいますか冬やとても疲れている日などはさすがに入浴に切り替えます。

エコより身体が大事ですからね。

そんな日は湯の量は最低限にし、これまた家族が続けて入浴することによりガスの追い炊き機能をあまり活用しなくていいというメリットがあります。また冬場の入浴の際は、2日利用できるので、2日目は好きな入浴剤をいれて水道代もエコにします。残り湯は当然のごとく、掃除や洗濯に使用します。次に料理の際について。パスタなどは表示時間より3分前にガスを止めて余熱で完全に調理します。(たまにかき混ぜることをお忘れなく!)これでも全然普通に茹でたのと変わりありません。これと同様に料理は基本余熱調理です。
高価なお鍋を使わなくても余熱で料理は十分なんです。

まだまだ紹介しきれませんが、今日はこのあたりにしてまた次回エコについて紹介したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*