新潟へ長めの出張&そば処 山風

新潟出張中。。。
今回は、期間が長めです。
僕の会社は、自由に休みの日を取りやすいメリットがあるんですが、その分、出張が多いんです。現地に駐在になることも多々あります。だから既婚者や子供がいる先輩とかは、結構きつい環境みたいです。

僕は、独り身ですし、色々なところに行くの好きなので、ぜんぜんOKなんですけどね。出張を続けていくうちに、地元の楽しみを見つけるのが趣味になりました。今回は、長期ということもあるので、この本を買ってしまいました!

【SUITO 新潟蕎麦大全】
バックナンバーをネットで購入♪
蕎麦大好きなので、これを見て有名どころをまわってみます
早速、本に載っていて、美味しそうな店を、数点チェック!
友人に頼んで、連れて行ってもらいます。
今回は、[そば処 山風]へ・・・
雰囲気よさげな看板で、心がおどります。
閉店まじかだったので、人がほとんどいなくてゆっくりできました。
蕎麦も美味しかったけど、てんぷらが美味しかったです。
カラッと揚げてあって、てんぷらというより、揚物に近いかな。
日本酒をちびちび飲んで、てんぷら食べるスタイルが最高に美味しかったです。
でも、つまみになるメニューが少し少な目ですね。
蕎麦を楽しみにいく店って感じかな
どんどん開拓していこう。

コトブキヤ酒店 in 関内

職場が蒲田のせいか、東京都内よりも、横浜付近で飲む事の方が多いです。

会社の同僚数人で、関内にあるコトブキヤ酒店で呑みました。ここは、1階が立ち飲みスペースになってるんですよ。
一時、はやりましたよね?
立ち飲み屋。
ワインとかでもやたらと立ち飲み屋ばっかり増えてる時期あったよなー

立ち飲みって楽しいですよね。
さくっと飲んで、さっと帰ることもできるし、
僕は一人で飲むことも多いから、立ち飲み系の居酒屋は入りやすくて好きです。
数年前から通っています。

ここの居酒屋、ライトの感じとかがお洒落でいい感じ。
おやじ達より、若い女性達がワインとかを飲んでる雰囲気です。
2階はテーブルになってるので、移動もできます。
僕らは、ここでサクッと飲んでから、色々、新しい飲み屋に行くほうが好みですけどね。
日本酒も種類いっぱいあるし、料理がうまいです。
牛蒡のから揚げとか出し巻き卵とか最高。 

家に帰って、また一人で日本酒。 
『千原ジュニアのヘベレケ』っていう番組が好きで、ユーチューブで見ながら呑んでました(笑)
あれって、絶対、酒のみたくなりますよね。 
酒を飲んでほろ酔いになりながら、見ると一緒に呑んでるみたいな錯角になって楽しい。
芸能人がだんだん酔っていく姿もなんか、和んでゆる〜い感じがして好きです。
深酒けになっちゃうから危険なんですけどね。

コトブキヤ酒店
http://kotobukiya045.com/

彼女の家で、友達を数人呼んで、鍋パーティーをしました。

彼女の家で、友達を数人呼んで、鍋パーティーをしました。一品持ち寄りスタイルです。彼女はゴマ豆乳鍋を作ってくれました。作り方見てたけど、面白しろかったです。

ゴマペーストと豆乳、ごま油を入れて、ミキサーにかけます。そうすると、うまく乳化して、分離しないんだそう。  なかなか、手間がかかるものなんですね。 でも、濃厚で美味しかったです。

最後は、麺を入れて、豚骨ラーメンみたくして食べました。ベジタリアンだから、ラーメン屋に行くことができないから、こんな風に工夫して、菜食なものを使って、ラーメンっぽい味を再現しているんだそう。

友達は、[モモ]というネパール餃子を作ってくれました。
これも、ベジタリアン仕様。
キャベツに、ニンニク、生姜。

それと、思いっきり沢山のスパイスが入ります。
ターメリックとかコリアンダーとか、、、知らないスパイスが沢山入っていました。
ネパール料理みたいです。
すごく美味しかったです。
風邪もいっぱつで治るんだそう。
「食べる薬だよー」と言っていました。

僕は、漬物と、日本酒「七田」を持っていきましたよ。
うーん。
この料理に合っていたかどうかはわからないけど。
でも、やっぱり、七田はうまい!
蕎麦店長に教わって買ってみてよかったです。
みんな、喜んでくれたみたいだし、よかった。

先日、ドライブの途中で相模原のJAXAに寄りました。

先日、ドライブの途中で相模原のJAXAに寄りました。一般公開していて、門のところで記帳をし、社員証のような紐のついているカードを受けとり、簡単に中に入ることが出来ます。

勿論、建物内全てを開放しているわけではなく、一部ではあるのですがそれなりに楽しめます。資料や展示されたロケットなどが目玉であることは確かですが、こういったところへ来たときの楽しみであるのが食堂です。

当然そこのスタッフも利用しているので、自分も関係者になったような気分というか、スパイになったような気分が味わえるというのが大きいかも知れません。

JAXAの食堂はとても綺麗でした。

大学の学食のような感じで広々としていて、窓から見える景色も悪くありません。しかし、とても混んでいました。

私のような一般見学者と思われる人で、アジア系の人や、欧米系の人など、外国の人が少なくなかったり、近所の人と思われる、バギーに赤ちゃんを乗せたお母さんもいたりしたのが印象的です。

入り口のところに貼り出されていた、牡蠣のメニューが気になりましたが、常に出している訳ではなくて期間限定だか日にち限定で、私はカレーライスを食べました。

カレーなので味は普通でしたが、非日常を味わうことができ、満足でした。

珈琲が好きなのですが

珈琲が好きなのですが、普段自宅に常備しているのは個包装のフィルターのものです。あれって確実に割高なのでしょうけれど、手軽に飲めつつ、ほどほどにキチンと入れている感があり、珈琲を切らしそうになるとつい買い足してしまいます。

自宅でサイフォンで淹れようとまでは思いませんが、外で飲む度にもうちょっと自宅での珈琲のグレードを上げても良いんじゃないかと思い、せめて500グラム程の、袋に入った挽いた豆で購入しフィルターで入れればいいかもしれない、と考えるのですが家についた頃には忘れてしまいます。

割安になれば20杯を同じ金額で飲むのでも、はるかに美味しいものが飲めるであろう事は確かなのですが。

豆に拘りがだしたら大変な事になりそうですね。

一度人に連れられて行った喫茶店、学芸大学だか都立大学駅が最寄だったと記憶しているのですが、そこで飲んだ珈琲が、豆をボリボリと食べても美味しいんじゃないかと思うほど特別でした。

そこのマスターは豆を個人輸入しているとのことで拘っているのは確かですが、当然のように美味しい珈琲を出してきたのが印象に残っています。

私も家で、来た人に当然のように美味しい珈琲を出してみたり出来たら、いいなぁ、なんて思います。

メンズの衣料ってどうしてこんなに高いの?

メンズの衣料ってどうしてこんなに高いのでしょうか。

安くはないなとだけ思っていたのですが、ここのところ女性の衣料品店を意識して観察していたところ、メンズのものにはないような手軽な価格でまあまあのものというのが沢山あるのですね。

下着のパンツにしても、素材や形がある程度キチンとしていると一枚で千円近くします。お金を出すと思われている消費者層からは出せるったけ出させるという事なのでしょうか。

確かに女性は、「これ〇〇円だったんだよ!」とか安さ自慢の会話をしていたりするくらいで、どうしても譲れない、これが欲しいという物以外は安くないと買わないのでしょうし、値段に惹かれて購入する事が多いのかも知れません。

男性はそもそも服の枚数が女性ほどではないし、着ていない服が沢山あるというのも女性ほどではないのが一般的なようで、枚数が少ないのだから単価を上げてやろうという意図があるように思えてなりません。

女性は同じものをいつも着ているというのは稀ですから、服の数が必要になるので、沢山買うから安くしよう、ということなのでしょう。
近頃は、以前は安価が売りだった大手衣料メーカーも決して安くはなく、男性は服の購入に考え込むばかりですね。。。